今日から9月。

久しぶりの更新です。
毎日ビックリするほど暑い夏かと思うとざーざー降りですね。
よろっと稲刈りの季節に入ってきているので、お百姓さんのためにもここらへんでひとつ、おてんとさまには上機嫌に戻って頂けたらなぁと願う今日この頃です。
4日頃にくる台風の行方も気になります。
 
今日で8月も終わり。
知ってました?、皆さん。
30年くらい前までの今日は、どうにも宿題が終わらなくて母親に叱られながら夏休み帳と向き合っていた今夜も、この年になれば微笑ましい思い出になる…はずもなく。

先週末に提出しなければいけなかったはずの課題を、今頃頑張る娘の背中を眺めながら、歴史はこうして繰り返していくのだな、としみじみ噛み締めておるわけなのです。
頑張れ娘よ、母はこのあと一件入ってるリーディングを心を込めてがんばりたいと思います。

そういやすっかり忘れていたんですけど、断食、とても良い経験でした。

魚沼の塩川さんという方の指導で、二泊三日のロッジ暮らし。
色んなテレビ局のアナウンサーさんや、県の内外を問わず色んなところから色んな方が体験に訪れるという集中プログラムでした。

1日目は夕方集合なんですけれどもね、とりあえず朝から水だけ飲んできてねと指示がありました。
私は自分で一週間断食をしたことがあるので、ちょっとだけハードルを上げて前日の昼から抜いて迎えてみましたよ。

取り敢えず沢山時間があったので、一緒に断食に参加する高スピリチュアル男子タツゴロウさんと合流したのち、またまた大地の芸術祭を見学。
e0383190_09233336.jpeg

e0383190_09235878.jpeg

今回もワープクラウドとあと、見たかった清津峡の作品です。
ワープクラウドね、糸と球しかないんだけど本当にきれいだなぁとため息でちゃうんです。

もしかしたら私達がわからないだけで、例えば雨の降り方もこんな風に規則を持ってるかもしれない。
いや、もしかしたら大きいものも小さなものも人間すらも、神の目からすればこんな風に見えるのかも。

e0383190_09245435.jpeg

e0383190_09254748.jpg

e0383190_09261180.jpg

清津峡も初めて行ったけど、凄い柱状節理!。タモリさんに見せてあげたいなぁと心から思いました。

その後、奥只見ダムを冷やかしてから会場の銀山平へ向かいます。

飽食の時代と言われる今日、割と大事なやつだと思うの、『断食』。
否応なく摂取させられてしまう添加物や組み換え食品による消化できないたんぱく質なんかも含めて、
人間の身体って食べてるものだけで作られてるにもかかわらず、ついつい習慣で時間が来るとご飯食べたりしちゃうんだけど。
身体の声を聞かない毎日を送っていると、身体も精神も鈍って来てしまったり、様々な生活習慣病なんかも起こりやすくなって来てしまうのかなと。

今回たまたまホームページで知ったこの合宿は、先生にお会いしてから『最終日に宿便を出すのがゴール』ものだと聞かされて内心ちょっと驚いたものですが、そもそも宿便なんてあるのかいなと思ったわけなんです。

思い返してみれば、一週間プログラムのときも三日目あたりに浣腸使って出しなさいってのがあったよなぁなんて思ってみたりして。
実は宿便そのものに懐疑的だったりする自分に気がつきました。
だがしかし、
ここまできたら指導の通りやってみて、自分がどうなるか見てみるしかありません。

お風呂は温泉入り放題、これだけでも最高です。
ビタミンを補給する柿の葉茶を飲みながら取り敢えず一回座禅。ここから合宿はスタートです。

二日目の朝はタツゴロウさんと軽く散歩して、それから座禅からスタートです。
散歩しながら場のエネルギーもほんとうに大事だなぁと思いました、
人気がなく山の水や空気が澄んでいて、それにあわせようとする身体が勝手に浄化をしていく感じといいますか。

なるほど、それで奥只見は銀山平ね、と思わず深呼吸をしてしまいます。一年の半分しか人が住まない土地、元々自然の一部である自分を体感するにはもってこいの場所だと思いました。

それに+して、
ちょうどアカシックアドバンスで集中力をつける宿題がでていたので、座禅して内側を視れる時間をまとめて持てるというのはとても良い機会になりました。
座るのにも体力って結構使うんだなぁと感じましたね。

午前中に四回座ったのかなぁ。。
「俺、体の方から色んな気付きを得てみたいんだよね…。」
だ~いぶ前にボソッと言っていたタツゴロウさんも、たまにうとうとしつつも割と普通に過ごしています。

午後からも同じくらい座禅して、
夕方に少し西式体操を習って二日目は終了しました。

三日目の朝は散歩する体力がないらしく、タツゴロウさんがぐったりとしています。
私はと言えば、前日の夜からお腹がどうにも気持ち悪くてしかたがありませんでした。

出してしまいたいのに出ない。
翌朝一番目の座禅の最中、急にお腹の底の方から吐き気がこみ上げてきて、途中で席を外してトイレに駆け込み。。

まるでお腹の底の方に猛毒がたまっている感じを、なんと表現すれば良いのでしょうか。
後半へ続く。

[PR]
by satoko4000 | 2018-09-01 09:21 | 日常 | Comments(0)

タクシードライバーでスピリチュアルカウンセラーでフリーアナウンサーを目指す四十路のとわずがたり。


by satoko4000