閻魔市日和。

e0383190_17153638.jpg

e0383190_17155620.jpg

本町通りでは人通りが多くなってきましたね。

私は柏崎市民なのですが、大人なので閻魔市には行きません。
何故なら、高校生になった娘のおさるさんはもう親の相手をしてくれないからです。

その代わり昨日の夕方きちんとお参りだけはしてきましたよ。
「これからも柏崎が賑わっていきますように、そしてうちのおさるさんとそのお友達、関わる皆さんが無事に楽しい3日間を過ごすことが出来ますように。」と。

閻魔様といえば『鬼灯の冷徹』、
鬼灯さましか思い出せない身体になって久しい訳なのですが、
今日は朗読サークルもあることですし、何年ぶりかで少しだけ、通りを流されて来ようかとも目論んでいます。

さて、
友人タツゴロウさんから、
『サトゴロウさんが2日間夢に現れてさ…』とメッセージが送られてきて、一瞬ときめいてはみたものの、
『なぜか美味しそうにくるみパンを食べていたよね。2日連続で、凄く美味しそうにもしゃもしゃ食べてた…。』
と続きを読んですぐ鎮火してみました私、7福の村田です。
パンもくるみも調べてみると、夢占い的にはとても良い意味らしいのでありがたいんですけどね。
誰の夢でもいいんですけど、
もっとかっこいいとかエロいとか可愛いとか次回はそーゆー登場の仕方を第一希望で出しときます(笑)。

日曜日は、2月から通った目白で朗読講座の成果発表会がありましたが、その様子はまた後ほど。

終わった足で、目白台運動公園脇の田中邸へ行ってきたんです。
土曜日からの続きで、
どうしても生の田中角栄さんのエネルギーを生で感じてみたかったからなんですな。

雨が降り始めた目白駅前、
ふと見ると、向かいには運動公園の最寄りのバス停を利用出来るバスがすでに待機中。

そもそもこの旅、
土曜日から全てがタイミング良すぎでした。

バスはおろか電車や他のことも待ち時間なし、殆どぴったりに利用することが出来ていました。
まるでこちらの歩く速度を読みながら、有能な執事(イケメン希望)が仕合わせてくれているかのようです。

「これに乗ってきな!」と言われているような気持ちで、大きな路線バスに乗り込むと一体どうしたでしょう。

運動公園まであと少し、というところで来たときのことです。
明らかにアナウンスではない女性の声が車内に響き渡りました。

「あ~あ~、よくもきったねえ街にしてくれたなぁ…!!」

慌てて声の主を探すと、
私達の斜め後ろに座っていたのは、浜崎あゆみばりにでかいサングラスをかけた妙齢の女性です。

「電柱ばっかりにしやがって。池袋にきてみろってんだ!!…ちっ!!」

池袋?
池袋ってあの池袋?
てか、
池袋ってそんなに綺麗だった?

いや待てよ、
それ以前に何?
それって独りごと??
都会ってそうなの??
東京ってどんなとこなん???

内山田洋とクールファイブが歌うようにやっぱり東京って砂漠なの???
てゆーか、
内山田ってなに?、
内山か山田か内田でよくなくないか????
もちろん田内でも田山でもいいけどさ、
と混乱してきたところで明日につづく!

(後から出てくる気付きが多くてどうも。)


[PR]
by satoko4000 | 2018-06-14 17:13 | 日常 | Comments(0)